Posted on: 11月 24th, 2012 在宅医療を支える人

今まで在宅医療の実態など知識だけしかなかったが、実際に経験してみるとこれほど大変なことはないことがわかった。
日常介護に加えた、医療行為の発生する看護。
体力的にも大変だが、精神的にタフさを求められる。
病気や症状によって千差万別だがつきっきりにならなければいけなくなるので、必ず第三者の手が必要なのである。
核家族であったり地域連携が少なくなっている今、家族だけで在宅医療を進めていくことは極めて困難だ。
福祉サービスや民間の看護サービス、全て利用しても24hの看護を支えるには到底不十分だ。
私の場合は意外にも協力してくれたのは、ママ友である。
在宅医療をしているのが子供だということもあったが、どんな公的サービスや、多額の費用を払うシッターよりもかゆいところに手が届く心強いヘルパーだった。
医療行為ではない部分だけでも手伝ってもらえるのは有難い。
むしろそこに手が届くのは経験豊富な主婦だったりママ友だったりするのだ。
やっぱり、隣の家の人、近所のおばさんって心強い。
在宅医療を家族だけで抱え込まず、助けてもらえる関係を築くのはとても大事だと思う。

東京の不妊針灸治療院|子宝治療院高度生殖医療の内容に詳しいスタッフが多く在籍。年間150人を超える人が妊娠し、48歳の妊娠例や早発閉経と診断された方も妊娠しています。
痛みのない小陰唇手術はこちらより婦人科検診も同時に行えます。交通に便利な新橋駅徒歩1分。駅の改札を出てすぐ目の前です。

Comments are closed.